Category: 美容

糖尿病の種類とは?

Posted by on 2015年1月4日 | 糖尿病の種類とは? はコメントを受け付けていません。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことにより、その膵臓からインスリンがほとんど出なくなることで発病してしまう種類の糖尿病なのです。

チェルノブイリ原発事故に関する後追い調査のデータからは、成人に比べると体の小さな未成年のほうが飛んできた放射能の深刻な影響を受容しやすくなっていることが判明しています。

フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素の順調な産出を支えているのではないかという事実が見えてきました。

「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値で知ることができますが、ここ数年の間に肝機能が減衰している方々が徐々に増えていると報じられています。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまい、血流が止まり、大切な酸素や栄養が心筋まで届かず、ほとんどの筋繊維が壊滅状態になってしまう怖い病気です。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて喫煙・アルコール・肥満症等のライフスタイルの悪化、ストレスなどによって、ここ数年日本人に増加している疾患だということができます。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わって、2012年9月1日以降はとなることによって、病院などで注射してもらう個別接種という形になりましたのでご注意ください。

下腹の疼痛をよく起こす代表的な病には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な病名がみられるでしょう。

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素の軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つがあるのです。

現代の病院の手術室には、御手洗や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備するか、そうでなければ近くにレントゲン撮影用の専門室を設置しておくのが慣例だ。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2~3項目に合致する事例のことを、内臓脂肪症候群と呼ぶのです。

必須栄養を万遍なく含んだ食生活や適切な運動はもちろんですが、体の健康や美容を目的として、特に欲しい栄養を補うために複数のサプリメントを服用する行為が珍しくなくなっているのです。

スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり眠れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、翌日目覚めてからの業務に思わしくないダメージを及ぼすことがあります。

ハーバード・メディカルスクールの調査によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上カフェインレスコーヒーに変えると、なんと直腸ガンの発症リスクを約5割も減らせたそうだ。

結核への対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に準ずる形でなされてきましたが、平成19年からは異なる感染症と一緒に「感染症予防法」という法律に従って実行されることとなりました。

Powered by Wordpress and Stripes Theme Entries (RSS) | Comments (RSS)